アイピルを常備して安心する女性

良い雰囲気になった人とつい避妊具を付けずに性交してしまった時、妊娠してないかな、大丈夫かなと次の生理を不安になりながら待つより、すぐにできることがあるんです!緊急避妊薬のアイピルを常備していけばいざという時も安心です!

緊急の時に役立つ「アイピル」とは

アイピルというのは緊急避妊ピル、アフターピルといった名称でも呼ばれています。緊急避妊薬のモーニングアフターピルになります。妊娠は通常だったら嬉しいことではありますが、その時の状況により、望まない妊娠のケースも出てきます。性行為で避妊に失敗をしてしまった時、緊急用として妊娠を避けることのできるお薬になります。日本でも認可されている成分がアイピルには使われていて、それはレボノルゲストレルです。黄体ホルモン薬の、プロゲステロン薬の種類の医薬品となります。海外における臨床試験においてレボノルゲストレルは、性交渉の72時間以内に1.5mgを服用することによって、妊娠阻止率は80%以上であった報告があります。日本においても、同じように80%以上の妊娠阻止率があります。女性ホルモンと妊娠というのは、とても深い関係性があります。体内で女性ホルモンが多く分泌をされることで、妊娠の環境は整うことになります。ホルモン投与を不妊治療で行うのは、こうした仕組みによるものでもあります。妊娠のコントロールは、女性ホルモンの制御によってすることができます。ホルモンが大量に分泌されるのは、排卵が起こる直前です。LHサージを抑えられるので、プロゲステロン薬を投薬します。こうして排卵時期は遅らせることができる仕組みです。排卵を押さえることによってレボノルゲストレルは、受精を避けることになります。受精卵の着床を阻害しますし、それにより妊娠を避けることができます。アイピルの服用は72時間以内することで、有効成分が働きますので、妊娠を避けることが可能となります。100%の完璧とは言えないものの、早いほどに高い確率で回避が期待できます。

アイピルに副作用はあるの?

アイピルは避妊に失敗した時に使える緊急避妊薬としてとても有効なものですが、薬にはどんなものでも副作用が起こる危険性があります。アイピルには女性ホルモンが配合されており、服用することで体内の女性ホルモンの濃度を急激に上げ、そして下げることにより排卵をストップさせたり、受精卵が着床する子宮内膜が剥離させる働きがあります。通常、避妊用に使用する低用量ピルよりも多くの女性ホルモンが配合されており、急激にホルモンのバランスが変化するため身体には大きな影響があります。報告の多い副作用として吐き気や嘔吐、頭痛、胸のはりやむくみと言った症状があります。これらの症状はアイピルを服用してから24時間程度で解消されることがほとんどです。24時間以上経過しても症状が改善されない時には、病院で診察を受けるようにしてください。アイピルを服用して嘔吐してしまった場合には、注意が必要です。特に服用から2時間以内の場合には薬の成分が体内に吸収されておらず、折角アイピルを飲んでも効果が得られない場合があります。このような時には処方してもらった病院に連絡して新しく処方をしてもらうなど、正しい対処を行うようにしましょう。嘔吐する人もいて避妊が失敗に終わることがあるため、病院で同時に吐き気止めを処方してくれるところがありますが、心配なようなら市販の酔い止めを一緒に服用しておくと良いでしょう。また、緊急避妊薬は女性ホルモンの働きによって血液が凝固しやすくなっています。そのため、服用したことで血栓ができてしまう可能性があるため、手がしびれる、息がしづらいなどのいつもと違った症状を感じた場合にはすぐに病院に行くようにしましょう。

アイピルは通販で買っておこう

避妊に失敗してしまって「妊娠してしまっては困る!」と慌てる前に、アイピルを通販で購入しておくと安心です。アイピルは飲むと体内の女性ホルモンのバランスを変化させることで、排卵がまだの場合には排卵をストップさせ、精子が子宮の中で動きにくいように粘膜の粘度を上げ、万が一受精してしまっていた時に受精卵が着床する場所の子宮内膜を剥離させる作用によって妊娠することを防ぐことができる薬です。アイピルは堕胎に比べて費用も安く、女性の心身に負担をかけずに済むというメリットがあります。100%完璧ではないと言われていますが、避妊に失敗してから早めに飲むことで妊娠する確率を大きく下げることができます。それは、受精卵は7~10日ほどかけて子宮内膜に着床して妊娠が確定するのですが、アイピルを服用するのが遅くなり着床のタイミングよりも遅くなってしまうと効果がなくなってしまいます。妊娠するまでに服用しなければならないため、避妊に失敗してから72時間以内に飲まなくてはいけません。しかも避妊失敗直後に飲んだ方が72時間ぎりぎりに飲むよりも避妊の成功率が高くなっています。日本国内でアイピルを購入する場合には医師の処方箋が必要となります。しかし恥ずかしかったり病院に行くまでの時間が惜しいという人は、通販で購入して持っておくと安心です。通販は海外から個人輸入という形になりますが、現在はネットで個人輸入の代行を行っている業者がたくさんあり、購入の仕方は日本のネット通販とそう変わりがありません。また、通販で購入しておくと病院で処方してもらうよりも格段に安い値段で購入することができます。
万が一のために、アイピルを通販で購入しておきましょう。